熱分解による廃棄物資源化 -2 / 炭化, ガス化, 油化

下記 EITA グループのサイトの記事より抜粋です。
When a waste becomes a resource for energy and new materials


前回の続きです。

廃棄物資源化のためのテクノロジーの提供

今日の産業はたくさんの種類の廃棄物、残渣を生み出し、それぞれに独自の特性があります。それぞれのビジネスの内容は異なり、それぞれに独自の要求があります。
それぞれの廃棄物を資源として使えるように出来る方法はありますか?

私共の答えは、はいです。

2003年、ETIAは どんな有機物に対しても対応可能な Biogreen® システムを製品化しました。私達の問題解決は、処理物を無酸素状態での高温加熱、熱分解処理によるものです。これは処理物の別分子への科学的、物理的転換です。

システムで製造される – 固形物、液体及びガス – は、しばしばより優れた特性を持つ別のものとなります。そのお陰でこのシステムは今日の産業にとり、より重要性が増し、より大きな価値を生み出しています。

廃棄物からバイオ炭、バイオチャー及び固形燃料の製造と言う廃棄物からエネルギーを生み出すことにより、Biogreen®システムは世界中の産業で、廃棄物から価値を生み出す助けになります。

 

ETIAの廃棄物資源化の取り組み
廃棄物資源化 ETIA グループ 取り組み 熱分解装置 Biogreen 2018.3.11

 

 

重要な理由

循環経済について語るとき、どこが始まりかを明確にするのは難しいものです。
特定の産業内での答えは同じ経済分野ではではなかなか出ません。残渣及び廃棄物の信頼できる利用可能な資源化プロセスを作り出すには、企業、技術提供者及び地方行政の参加と多くの努力が必要となります。

しかし、結果に価値があります。廃棄物資源化は経済革新、環境への責任そして収益をもたらします。新製品をつくることにより、新しいものを利用する機会作ります。そして、新興市場は収益の増加をもたらし、会社活動のコストを下げます。それは、本来の収益をもたらす堅実な経営手法です。

廃棄物の資源化は今や、価値ある産業の経営戦略の道筋です。従来の枠にとらわれない思考で、次元の異なる廃棄物処理により何が重要かが分かります。:循環経済と資源の効率的管理

 


TECHNOLOGY IN SERVICE OF WASTE VALORIZATION

Today’s industries produce an enormous variety of waste and residues, showing an unlimited range of properties. Every business is different and has its unique demands. Are there any universal tools that can support the industry in valorizing their residues?

We think the answer is yes.

In 2003, ETIA created a Biogreen® process, which applies to any organic (carbon-based) product. Our solution is based on pyrolysis treatment, where the material is exposed to high temperature in the absence of oxygen. This results in the chemical and physical conversion of residues into different molecules.

Received products – solid, liquid and gas – are bringing a different, often more superior quality that original residue. Thanks to this, the process becomes an increasingly important for today industry, allowing to deliver far greater value to common materials and waste.

From creating energy from waste, through biochar and solid fuel production – Biogreen® process helps the industry all over the world to produce value from their waste.

ETIA approach to waste valorization

WHY IT MATTERS?

When speaking of the circular economy, it can be hard to know where to start. The answer to specific needs of industry is not always available within the same economic sector. It takes many effort and involvement of companies, technology providers and local administration to create a reliable, usable valorization process for residues and waste.

However, the results are worthy of it. Waste valorization brings together the eco-innovation, environmental responsibility and profitability aspects. By creating new products, it opens the opportunity for tapping into new and emerging markets, create increasing income or reducing the cost of company operation. It is a sound business approach that brings real revenues.

Waste valorization currently makes its way through the industry as a rewarding business strategy. It often requires thinking out of the box, but by taking residues to another level, you can get to what matters: the circular economy and efficient management of your resource.

 

 

炭 化

ガス化

 

Biogreenは電気加熱での連続式熱分解装置ですので、運転は簡単で安全衛生面に優れています。
原料の利用用途に合わせた熱分解処理が、温度及び滞留時間調整で簡単に行えます
廃棄物、バイオマスのBiogreen熱分解処理でガス化炭化オイル製造ができます。
発電燃料、土壌改良剤、原料使用など様々な用途で利用できゼロエミッションが可能です。

 

乾燥機 KENKI DRYER
どこもできない付着粘着物液体の乾燥機
https://kenkidryer.jp
会社サイト
もう悩みません。コンベヤ、産業環境機械機器
https://kenki-corporation.jp