■ MODELS AND CONFIGURATIONS 型式と処理能力 / 仕様

 

熱分解装置 Bioreen の処理能力は投入原料の熱分解処理時間(装置内原料の滞留時間)と密度(kg/m3)によります。装置内での原料の滞留時間は、制御盤で装置内スクリューの回転速度変更することにより調整します。
下記図とグラフは各型式の処理量です。処理原料の質量により各型式の処理容量の能力が異なります。
様々な原料に適した処理のため、案件毎の最適な機種選定のためお気軽に弊社へご相談下さい。

型式と処理能力 仕様 熱分解装置 Biogreen

 

■ LAYOUT AND DIMENSIONS 配置図と寸法

 

提案させて頂く装置にはコンテナー積載型と定位置据え置き型の二つのタイプがあります。コンテナー積載型は設置が簡単で移動ができモジュールでの組み立てができる等定位置据え置き型と比較するといくつかの利点があります。
コンテナー積載型のシステムは設置が簡単で稼働の開始が早期にできます。又、設置後の移動、仕様の変更にも短時間で対応出来ます。コンテナー積載型(Biogreen CM)が標準化された理由は、限られたスペースに設置ができ、設置費用が必要ない、建築法等の認可が要らないことによります。
定位置据え置き型は設置場所によりシステムの構成を検討します。定位置据え置き型は長期間使用可能な十分な設置スペースある空間に設置されます。
Biogreen システムの寸法大きさは、熱分解装置 Spirajoule と冷却装置 UPZ の2つの装置及びその付帯設備の大きさによるところが大きいです。冷却装置 UPZ の大きさ寸法はバイオ炭の冷却される量によります。
下記図面内容は Biogreen BGR750 の最小限のシステム内容で付帯設備は含みません。案件毎にシステムの内容は異なりますのでお気軽に弊社へお問い合わせ下さい。

配置図と寸法 Biogreen 熱分解装置 2018.2.3

 

 

■ お問い合わせ

 

Biogreen 熱分解装置に関するお問い合わせを受け付けておリます。
今フォームを受付後、弊社より2日以内の返信を心掛けております。
下記連絡先でもお問い合わせ受け付けております。
TEL:092-411-1203
E-Mail:info@kenmori.com

 

化石燃料式との比較

 

燃料化システム Pyrosludge

 

発電システム Pyropower