いいね 熱分解温度により異なる産出品
Biogreen 熱分解装置


レ点

熱分解処理時の加熱温度の違いで主に産出するものが異なります。連続式での電気加熱方式ですので温度調整が非常に簡単です。

Biogreen 熱分解温度

いいね 焙焼、炭化
焙焼 炭化 Biogreen 熱分解装置 加熱温度:200~300℃
焙焼はエネルギー濃縮方法のひとつです。木材バイオマスの焙焼処理が最も多いです。焙焼によりガス及び固形物が産出され固形物は均一な木材ペレットとして利用できます。固形物は元の質量の約30%まで減量化されます。
又、この温度帯は有機汚泥等から主に炭を産出する温度です。炭は臭いがなく燃料、土壌改良剤等に利用できます。
いいね 熱分解
熱分解 Biogreen 熱分解装置 加熱温度:400~900℃
この温度帯での加熱によりガス、オイル、炭を産出します。ガスはバーナー、エンジン、タービン等の燃料として使用でき処理物によってはメタンを多く含む(最大約50%)高い発熱量のガスを産出します。オイルは再生油、精製すれば燃料以外の用途にも使用ができます。炭は燃料、土壌改良剤、カーボンブラック、肥料として利用できます。
いいね ガス化
ガス化 Biogreen 熱分解装置 加熱温度:800~900℃
高温での熱分解処理はガス化が目的です。産出されたガスの低位発熱量は10~30MJ/m3です。製造されたガスは洗浄され燃料、発電、熱利用あるいは水素を取り出します。