指差しアイコン 熱分解とは


空気(酸素)を遮断して加熱を行い物質を分解します。Biogreenでの熱分解処理ではガス、オイル、炭を産出し、いすれもエネルギーとして利用ができます。ボイラー燃料、発電、肥料、土壌改良剤等。Biogreenでの熱分解処理後は廃棄物は一切排出されません。
他に無酸素での加熱処理に炭化と言われるものがあります。炭化とは低温での熱分解で主に炭のみを産出する処理の事です。

Biogreen 熱分解システム 外観図

レ点 燃焼とは
焼却炉施設 可燃物と酸素が化合して熱と光を発生することです。
可燃物を燃焼し灰にする装置に焼却炉があります。
化石燃料を使用し温室効果ガスCO2が排出されます。
レ点 メタン発酵とは
メタン発酵 有機物を嫌気(無酸素状態)で微生物に分解させてメタンガスを発生させます。回収したメタンガスはボイラー燃料、発電に利用できます。
消化液が排出され液肥で使用できなければ処理費用が高価です。又、大きなタンクが必要で設置面積が大きくなります。