■ 熱分解とは

 

熱分解とは空気(酸素)を遮断して加熱を行い物質を分解することです。Biogreen は投入された様々は廃棄物を無酸素での加熱、熱分解を行ないその原料より炭素分のみを残し、原料に含まれる可燃性ガス等の合成ガスを発散させます。投入物を選ばず、熱分解処理でガス、炭、オイルを生成製造しそれぞれが利用ができ、その廃棄物が持つエネルギーは最大限利活用され廃棄物はなくなります。
Biogreen は熱分解時の加熱温度によりガス、炭化物を作り出す生成の割合が異なります。そのため、熱分解装置 Biogreen は炭化装置、炭化炉あるいはガス化装置、ガス化炉とも言えます。熱分解後のその産出製造物の利用目的に合わせ加熱温度の調整を行ないますが、その温度調整、管理は、Biogreenであれば電気加熱式ですので簡単に確実に行なえます。又、その加熱は石油燃料を一切使用せず火気は未使用のため安全衛生面、運転操作面で火気使用熱分解装置、炭化炉、ガス化炉と比較すると非常に優れていると言えます。
焼却、セメント工場での処理等は収集運搬を伴う大きな規模での処理です。熱分解装置 Biogreen はそれとは異なり小規模で廃棄物発生現場で設置ができる小規模な熱分解システムです。
一方、メタン発酵とは微生物メタン菌が有機廃棄物を分解しメタンガスを発生させる生物処理です。メタンガスはガス全体の60%以上あり発電、あるいは燃料として利用ができます。但し、必ず残渣が発生し消毒処理を行い液肥として利用できれば良いのですが、できなければ脱水、乾燥あるいは排水処理が必要となります。

 

Biogreen 熱分解システム 外観図

 

レ点 燃焼とは
焼却炉施設 焼却とは可燃物と酸素が化合して熱と光を発生することです。
可燃物を燃焼し灰にする装置に焼却炉があります。
化石燃料を使用し温室効果ガスCO2が排出されます。
レ点 メタン発酵とは
メタン発酵 メタン発酵とは有機物を嫌気(無酸素状態)で微生物に分解させてメタンガスを発生させます。回収したメタンガスはボイラー燃料、発電に利用できます。
消化液が排出され液肥で使用できなければ処理費用が高価です。又、大きなタンクが必要で設置面積が大きくなります。

 

製 品