小規模な固形廃棄物の熱分解処理は現在必要とされています。-1 / ガス化, 炭化 ,油化

下記 EITA グループのサイトの記事より抜粋です。
Small is beautiful: Pyrolysis of solid waste compatible with the need


通常ゴミと言われる固形廃棄物とは、日常生活で廃棄された、使用できない残りかすの事です。今回の内容は、固形廃棄物の熱分解による個別、地域での問題解決についてです。

ゴミ以外の価値:固形廃棄物の熱分解は、如何に個別の廃棄物処理に処理に役立つのでしょうか。

固形廃棄物について
通常ゴミと言われる固形廃棄物とは、日常生活で廃棄された、使用できない残りかすの事です。「一般廃棄物」と「産業廃棄物」。「建設、解体あるいは排水処理よりの廃棄物等の可燃物」と 「不燃物」。それぞれ異なる特性や特徴がありますが、それぞれを処理できます。「一般廃棄物」と「産業廃棄物」。「建設、解体あるいは排水処理よりの廃棄物等の可燃物」と 「不燃物」。それぞれ異なる特性や特徴がありますが、それぞれを処理できます。多種多様なため、効率的な処理に特化した技術の集大成が求められます。

産業界ではリサイクル、再利用のための技術開発を長年行なってまいりました。廃棄物の収集、運搬、選別等、現場での廃棄物処理工程での何百数にもなる問題は解決され、、その処理工程の無駄を最小限に抑えています。廃棄物のリサイクルや管理システムは益々効率化されていますが、未だにリサイクルされていない高い熱量を持つ固形廃棄物が、多く存在するのも事実です。

廃棄物のエネルギーの回収技術は、廃棄物を混合するという世の動きも相まって、大量燃焼処理にて問題解決はされています。焼却設備は廃棄物処理の答えとしては一般的です。そしてその廃棄物は質の悪い燃料でもあります。大きな焼却炉は、その地域の産業に貢献し、その近郊からごみは持ち込まれ、その設置は歓迎されました。

しかし、廃棄物を輸送しないで処理はできないのですか?
地域での小さなコミュニティで実現し貢献できる小規模の廃棄物処理の技術はないのですか?

次回へ続く

 

pyropower RDF 廃プラスチック 熱分解 エネルギー変換 工程 2017.11.7

 

 


Solid waste, usually known as trash or garbage, is a rejected and unusable residue produced in common-day activities. In this article, we are explaining the power of local sized solutions for solid waste pyrolysis.

VALUE OUT OF TRASH: HOW PYROLYSIS OF SOLID WASTE CAN HELP IN LOCAL TREATMENT PROCESS.

INTRODUCTION TO SOLID WASTE.
Solid waste, usually known as trash or garbage, is a rejected and unusable residue produced in common-day activities.Depending on the industry and origin, this term can cover both: municipal and industrial waste, construction, demolition or waste-water process derived substances, combustible and fire-resistant, exposing a different range of properties and characteristics.

For many years, the industry has been busy developing technologies for segregation, recycling and reuse of materials.From the waste collection, through the transportation, sorting, and processing on site, hundreds of different solutions are working in service of minimising the quantity of waste that would be dumped.Although waste recycling and management systems are more and more efficient, still there is often a high quantity of calorific solid waste that cannot be recycled with available measures.

At that point, the energy recovery technologies come up with a variety of mass burn solutions that handle the mixed streams of waste.Incineration plants provide a general answer for incoming streams of waste, often managing it as low-quality fuel.Large incinerators have made their place in the industry for good, welcoming garbage transports from all the nearby regions.

However, what if the goal would be in avoiding waste transportation?
Are there small-scale technologies that can be viable locally and serve individual communities?

pyropower 熱分解発電システム ETIA ガス化 炭化 2018.3.17

 

 

炭 化

ガス化

 

Biogreenは電気加熱での連続式熱分解装置ですので、運転は簡単で安全衛生面に優れています。
原料の利用用途に合わせた熱分解処理が、温度及び滞留時間調整で簡単に行えます
廃棄物、バイオマスのBiogreen熱分解処理でガス化炭化オイル製造ができます。
発電燃料、土壌改良剤、原料使用など様々な用途で利用できゼロエミッションが可能です。

 

乾燥機 KENKI DRYER
どこもできない付着粘着物液体の乾燥機
https://kenkidryer.jp
会社サイト
もう悩みません。コンベヤ、産業環境機械機器
https://kenki-corporation.jp