熱分解による廃棄物資源化 -1 / 炭化, ガス化, 油化

下記 EITA グループのサイトの記事より抜粋です。
When a waste becomes a resource for energy and new materials


私達の目標は、廃棄物からエネルギーを作り出すことにより、バイオ炭や固形燃料の製造を通じ、世界中の廃棄物資源化の産業をサポートすることです。廃棄物資源化へのアプローチについてさらに詳しく説明します。

資源化の紹介。廃棄物がエネルギーと新しい原料の資源になるのはいつでしょうか。

■ 挑戦

私達の産業は、既に必要でない物をより多く作り出しています。世界中の廃棄物の発生量の驚異的な増大は、早々に今日の経済の大きな課題となりました。環境意識の向上にも係わらず、経済価値を持たない廃棄物の処分の問題は、世界中で大きな問題のままで解決ができていません。
政府及び社会は廃棄物の発生を防ぐことを優先課題としています。産業界は、再生材料、資材市場へに注力しています。しかし、メカニカルリサイクリングは先進の処理技術を必要とします。又、高いリサイクル率は地域社会では必ずしも高くはありません。
簡単で現実的に廃棄物管理を行なう対策を求める声は急加速度的に増しています。環境と産業を両立しながら、廃棄物問題を解決できる方法は何ですか?


■ 廃棄物資源化へ

廃棄物資源化の概念はリサイクル及び再利用技術に沿ったものです。すなわち ”価値を高める” 資源化は、より大きな価値を生み出す廃棄物を変える工程です。その結果が、質の高い化学製品、材料、燃料とエネルギー、並びに地域社会にとり多くの有益な製品です。
この目標を達成するには、技術的な知識だけでなく世界的な意見を反映させる必要があります。廃棄物及び製品は1つの産業をより広い視野で探索する必要がしばしばあります。資源化のためのシステムを構築し、その構築された産業は世界経済と密接に係わりを持つことが必要です。

 

■エコテクノロジー 環境技術 自然より与えられた

ETIAでは、資源化について全てを取りまとめ、経済全体にどのような影響があるか理解しているところです。これらを理解するには、それ自体の自然生態系での生態学とパターンの知ることから始めるべきです。私達は、産業を別々の、独立した領域とみなすことを致しません。その変わりに、世界的な生態系の影響を鑑み、様々な異なる活動の分野の関係から確立することに注力しています。 – この方法によりひとつの分野の廃棄物は違った分野での資源化に役に立つ可能性があります。
私達の処理技術はしばしば産業界の影に隠れていますが、環境破壊ではなく、産業界、地域社会、身の回りの世界的資源循環を保つため役立つはずです。

次回に続きます。

ETIA 熱分解 廃棄物資源化 2018.3.10

 


When a waste becomes a resource for energy and new materials

From creating energy from waste, through biochar and solid fuel production, our goal is to support the industry all over the world in waste valorization. Learn more about our approach towards waste valorization.

INTRODUCTION TO VALORIZATION. WHEN A WASTE BECOMES A RESOURCE FOR ENERGY AND NEW MATERIALS

THE CHALLENGE

Our industry produces more and more residues that are no longer useful. The tremendous growth in a waste generation all over the world has quickly become one of the key challenges of today’s economy. Despite the better awareness of environmental aspects, disposal of residues that have no economic value remains a big difficulty for most of the sectors in the world.

Governments and societies stand against the problem by making their priority to prevent the waste generation. Among the industry, the effort focuses on reclaiming materials into the market. Still, the mechanical recycling calls for advanced processing technologies and high recovery rate is not always possible for local communities.

The demand for easy and viable methods to manage the waste is growing at tremendous speed. What are the solutions that can deal with unwanted residues, helping the environment and industry?

TOWARDS THE WASTE VALORIZATION

The concept of waste valorization is standing side by side with recycling and reuse technologies. Namely “enhancing the value”, valorization is a process of changing residues into products at a much greater value. The results can include quality chemicals, materials, fuels, and energy, as well as many other products beneficial for a local economy.

It requires not only technical knowledge but also a global approach to accomplish this goal. Residues and products often need to be seen from a wider perspective that just one industry. Creating a closed system of valorization, industries need to communicate with each other in the global economy pattern.

ECOTECHNOLOGIES. INSPIRED BY NATURE.

In ETIA, we try to put all of this aspects together and understand how the economy operates as a whole. Such an understanding must begin in ecology and patterns in nature ecosystems itself. We avoid thinking of industries as separate, independent territories. Instead, inspired by global ecosystems, we strive on creating connections between different activities – so the residue of one sector can nourish another.

This is why our processing technologies often take place at the edge of industries. Instead of focusing on waste destruction, they work for keeping the global circulation of resources and bringing their value to other industries, communities, and their surroundings.

 

炭 化

ガス化

 

Biogreenは電気加熱での連続式熱分解装置ですので、運転は簡単で安全衛生面に優れています。
原料の利用用途に合わせた熱分解処理が、温度及び滞留時間調整で簡単に行えます
廃棄物、バイオマスのBiogreen熱分解処理でガス化炭化オイル製造ができます。
発電燃料、土壌改良剤、原料使用など様々な用途で利用できゼロエミッションが可能です。

 

乾燥機 KENKI DRYER
どこもできない付着粘着物液体の乾燥機
https://kenkidryer.jp
会社サイト
もう悩みません。コンベヤ、産業環境機械機器
https://kenki-corporation.jp