バイオ炭 2021 プロジェクト / 熱分解, 炭化

下記 EITA グループのサイトの記事より抜粋です。
Biochar and compost: together for the better soil (compost improving)


ETIA グループは、「バイオ炭 2021 プロジェクト」でバイオ炭と堆肥の長所を利用し新しい土壌改良剤の開発を行なっています。

■ 「バイオ炭 2021 プロジェクト」の紹介
本プロジェクトのバイオ炭のアプリケーションは、土壌肥沃度と保水力を向上させながら、堆肥あるいは培養土に取り入れ、土壌内炭素隔離を促進する確実な方法です。しかしながら、農学の効率の観点からバイオ炭には解決すべき課題が多々あります。(バイオ炭の種類、必要な量及び供給方法、土壌の種類あるいは質、植物の種類など)又、バイオ炭の農学的効率は温暖な気候の元では過去、研究されていません。

■  バイオ炭プロジェクトの目標
バイオ炭を堆肥に混合する事はこれまで評価されませんでした。しかし、「バイオ炭 2021 プロジェクト」の狙いは、高い農学的価値で有機物改良を行い新しい経済モデルを生み出すことです。

“Farmers/Composters of France” のネットワーク (ACF) より集められ選別されたバイオマスの
様々な種類のバイオ炭を、改良、成長させるため堆肥と混合され生産、加工されます。様々な手法でテストを行い農学的に最も良い方法を導き出し、従来の堆肥の販売流通経路を通じ、専門の一般市場へ出されます。
専門機関へ依頼し、その結果はコンソーシアム(共同体)内に提案されたモデルの全てを網羅するべく集められます。それらは、提案モデルを吟味するため、産業的に、組織的に、調整され、環境面にも考慮し、経済的に集められます。

■ プロジェクトには、以下の戦略的な目的があります。

  • 各部門で十分に検討され技術面、経済面での実現可能性の提示
  • 堆肥を基本とした強く支える経済モデル(構造が簡単、循環経済)の開発
  • 以前は重要ではないとされた副産物、そして高い付加価値のある製品の多様性を用いることによる堆肥の競争力向上
  • 高い農学的価値、低い炭素の影響での新しい生産ラインの開発(改良と成長)

 

4年間で200万ユーロの予算で、バイオ炭プロジェクトを4グループ及び2つの学術機関で構成されています。

  • ETIA (プロジェクトリーダ)とETIA子会社のVT GREEN
  • フランスの「The Composters Farmers network」に属している下記3つの堆肥化企業
    Loire Compost、 Agricompost10 、Agriopale
  • 学術機関 INRA,、Unilasalle

プロジェクトは下記より支援を受けています。
・BPI France 、 Hauts-de-France 地域 、Pays de la Loire 、Grand Est

又、競争力がある下記ブランド使用しています。
・IAR、Céréales Vallée、 Terralia

 


Biochar and compost: together for the better soil (compost improving)


We are happy to be a part of BIOCHAR 2021 project, taking the challenge of compost improving and creating new soil amendments that bring together the advantages of biochar and compost.

BIOCHAR 2021 PROJECT INTRODUCTION

The application of biochar in soils by incorporating them into composts or growing media is an effective way to promote carbon sequestration, while improving soil fertility and water retention capabilities.However, the agronomic efficiency of solutions integrating biochar depends on multiple factors (type of biochar, doses and modes of intake, type of soil or substrate, type of target plants, etc.). In addition, the agronomic efficiency of biochar has been poorly studied under temperate climates.

BIOCHAR PROJECT OBJECTIVE

The aim of the BIOCHAR 2021 project is to validate a new economic model for the production of organic amendments with high agronomic value, integrating biochar into composts that have not been valued so far.

From a selection of residual biomass collected among the “Farmers/Composters of France” network (ACF), different types of biochar will be produced and co-formulated with compost to produce amendments and growing media.

The different formulas will be tested agronomically to select the best of them, which will be marketed in amateur and professional markets via conventional composting platforms and distribution channels.

The competences gathered within the consortium supplemented by specialized subcontracting will cover the entire value chain of the proposed model (sourcing, production of standardizable biochar, formulation and production of substrates, efficiency agronomic tests) and integrate an industrial, organizational, regulatory, environmental and economic validation of the model.

THE PROJECT HAS THE FOLLOWING STRATEGIC OBJECTIVES:

  • Demonstrate the technical and economic feasibility of the studied sector
  • Develop a strongly anchored economic model (short circuits, circular economy) centered on composting platforms.
  • Improve the competitiveness of composting platforms through the use of previously poorly valued co-products and the diversification of high added value products.
  • Develop new product lines (amendments and growing media) with high agronomic value and low carbon impact.

 

With a duration of 4 years and a global budget of 2 million euros, the BIOCHAR project brings together 4 SMEs (ETIA – the project leader with its subsidiary VT GREEN; 3 composting platforms belonging to the Composters Farmers network in France: Loire Compost, Agricompost10 and Agriopale) as well as 2 academic partners (INRA, Unilasalle).

Project is supported by BPI France and the regions of Hauts-de-France, Pays de la Loire and Grand Est. It also benefits from the labeling of the IAR, Céréales Vallée and Terralia competitiveness clusters.

 

 

炭 化

 

Biogreenは電気加熱での連続式熱分解装置ですので、運転は簡単で安全衛生面に優れています。
原料の利用用途に合わせた熱分解処理が、温度及び滞留時間調整で簡単に行えます
廃棄物、バイオマスのBiogreen熱分解処理でガス化炭化オイル製造ができます。
発電燃料、土壌改良剤、原料使用など様々な用途で利用できゼロエミッションが可能です。

 

乾燥機 KENKI DRYER
どこもできない付着粘着物液体の乾燥機
https://kenkidryer.jp
会社サイト
もう悩みません。コンベヤ、産業環境機械機器
https://kenki-corporation.jp